10月20日、5月以来久し振りに福島県塙町に遠征しました。
15時半頃現地到着。設営を始めると5月に当地でお会いしたToshy-jiGさん到着。続いていつものkashalさんが到着。

日没時快晴、西に見える那須連山の稜線がいつもよりくっきり見え、透明度は良さそうなので期待が持てそう。
今回の撮影対象はおひつじ座の銀河NGC772ですが、薄明終了時点で高度20度と低いので、久し振りに南天低空のNGC7293を撮影する事にしました。。当日は意外と南天低空が明るく、バックグラウンドが飛んでしまうため光害カットフィルターを入れて、ISO1000,300secで撮影開始。うーん。それでもヒストグラムの左側が全体の1/3より右に来る。

NGC772が45度になってきたので、フィルターを外して、導入し21:15撮影開始。
薄明終了時シーイングはあまり良くなかったが、かなり良くなってきた。よーし!
01:20ごろ細い月が出てきたが、撮影続行。2:46撮影終了。


★NGC772 非棒状渦巻銀河 距離:1億3000万光年 見かけの大きさ:7.2′×4.3′

鏡筒:VC200L D=200mm,  FL=1800mm  直焦点
赤道儀:SXP 、カメラ:D810a
ガイド:カメラ:ZWO ASI290MM MIN , PHD2、N.I.N.Aによるディザリングオートガイド
撮影条件:ISO1600, 600sec×30コマ 総露光時間=5時間
日時2022.10:20 21:15~02:46
撮影地:福島県塙町
面積比96%にトリミング


シーイングが良くなったので、前回よりキレのある画像となりました。