だいぶ前の話ですが、10月20日福島県北塩原村の白布峠に遠征しました。
当日の気象予報は福島県南部から南は雲が多いという予報だったので、一晩中晴れる可能性の
高い白布峠に1年ぶりに行ってきました。

当日の対象はおひつじ座の銀河NGC772です。遥か1億3000万光年のかなたにある渦巻銀河ですが
視直径は7.2′× 4.3′のけっこう大きな銀河です。

★NGC772(Arp78) おひつじ座
NGC772_白布峠_2020.10.20
鏡筒:VC200L D=200mm,  FL=1800mm  直焦点
赤道儀:SXP 、カメラ:D810a
ガイド:カメラ QHY5Ⅲ-178M , PHD2、BackYardNikonによるディザリングオートガイド
撮影条件:ISO1600, 600sec, 36コマ, 総露光時間=6時間
撮影日時2020.10.20  19:29~04:25 , 撮影地:白布峠
画像処理:PixInsight、FlatAid Pro、PhotoshopCCほか
3600万画素➡1400万画素にトリミング

オリジナル画像はこちら➡https://www.flickr.com/photos/181790959@N02/with/50557684666/

10分、51コマを撮影しましたが、風等でガイド不良を量産し、結局、36個コマをコンポジット。
もう少し、ガイドが安定しないと微細構造は出てきませんね。

1億光年越えの遥か彼方の銀河ですが大きいですね。天の川銀河の約2倍だそうです。