12月2日希望が丘へ遠征しました。当日は久しぶりの大盛況で15人の大撮影会となり、また天文誌をにぎわしているそうそうたるメンバーが勢ぞろいしていました。

さて、当日の第一のターゲットはおおぐま座の不規則銀河NGC7318です。上ってくるのは夜半過ぎですので、それまでは秋の銀河アンドロメダ座のエッジオン銀河NGC891を撮っておく予定です。

初冬の夜は長い。薄明終了から薄明開始まで11時間8分の長い夜を楽しもう。
ということで月没(18:46)を待って、19時 NGC891を撮影開始。

★NGC891 系外銀河 アンドロメダ座
c964eccc.jpg

鏡筒:VC200L Fl=1800mm, D=200mm
赤道儀:SX-P、 カメラ:D810A、ガイドカメラ QSY5L-Ⅱ
オートガイド:Stellashot
撮影条件:ISO1600、600sec, 28枚、総露出時間:4時間40分
約50%にトリミング

もともとエッジオン銀河の外縁部はもやっとした画像になることが多いのですが
それにしても、露出時間の割りには透明感、鮮鋭感、解像感、色味が足りないですね。

0時を過ぎ、おおぐま座の杓部分が高度40度を越えてきたので、不規則銀河NGC7318を中心に東側にあるNGC7329,すぐ南側のHCG56に鏡筒を向け、0:50撮影開始。

★Twisting with NGC7318(注連縄銀河) & NGC7329, ,HCG56  おおぐま座
ccd2d30a.jpg

鏡筒:VC200L Fl=1800mm, D=200mm
赤道儀:SX-P、 カメラ:D810A、ガイドカメラ QSY5L-Ⅱ
オートガイド:Stellashot
撮影条件:12/2 希望が丘 ISO1600、600sec, 21枚、
     12/6 花立自然公園増し撮り ISO1600、600sec, 25枚
     総露出時間:7時間40分
約50%にトリミング

当日、カメラ用DDコンバータを不注意により壊したため、フル充電の純正バッテリー3個を交換・充電しながら撮影。予定の枚数が稼げなかったため、12/6に風の条件がよさそうな花立自然公園に遠征し増し撮りをしました。
花立の当日は上弦前の大きな月が22時半に沈む頃には吹き荒れていた強風も予報どおり微風に変わり、遠征は正解でしたね。

それにしてもNGC7318は面白い形をしてますね。海外の作例のネーミングは
Twisting with NGC7318 というのが多いんですが、日本ではねじれ銀河いや時節柄 注連縄銀河かな?

なんとかはるか4億光年かなたのHCG56の五つ子の銀河が写りましたね。NGC7318は5200万光年です。深遠の宇宙を覗いた気分ですね。
★HCG56  上記画像を切り抜き拡大
90b3ae7a.jpg